撃退!ねずみ駆除完全マニュアル

駆除業者に依頼して、ねずみ被害ゼロへ!

撃退!ねずみ駆除完全マニュアル » ねずみの被害とその対策 » ねずみのもつ病原菌

ねずみのもつ病原菌

知っておかないと怖い!ねずみの持つ病原菌

ねずみによる被害は、食料品を食べられたり、壁に穴を開けられたりと様々なものがありますが、その中でもより酷いのがねずみの持つ病原菌です。ねずみに噛まれて感染するものもあれば、ねずみの体や排泄物に含まれるものもあります。しっかりと知識を持っておくことで、重症化することを防ぐことができたり、いち早く病院へ相談することも可能です。ねずみ被害の対策を行うと同時に、どのような病原菌を持つ動物なのかを把握しましょう。

モニリホルム連鎖桿菌・鼠咬症(そこうしょう)スピリルム

あまり聞いたことのない病原菌ですが、これらの病原菌が体内に入ると鼠咬症(そこうしょう)と呼ばれる病気を引き起こします。発症すると、噛まれた部分に潰瘍を起こし、突然の悪寒や発熱を繰り返します。さらに、筋肉痛や頭痛、関節炎などを起こし、発疹が表れるという特徴があります。ねずみに噛まれるだけで、かかってしまう可能性がある病気。もしも噛まれてしまった場合は、抗生物質を投与して治療するというのが一般的です。日本で飼われているハムスターなどのペットに分類されるねずみ類はこの病原菌を持たないと言われています。

サルモネラ菌

夏場の食中毒などで知られているサルモネラ菌についても、ねずみが媒介する病原菌の1つです。ねずみは食べ物を目当てに建物に侵入することが多いです。そのため、夜間や人の居ない時間帯を狙って、食料品のあるキッチンなどに現れ、サルモネラ菌をまき散らします。この病原菌が周囲の食べ物に付着し、人間の体内に入ると食中毒を起こします。発熱や嘔吐、下痢などの症状が出るのでもしこれらの症状がみられる場合はすぐに病院へ行きましょう。

レプストスピラ菌

レプストスピラ菌もあまり馴染みのない病原菌ですが、レプストスピラ病やワイル病と呼ばれる深刻な病気を引き起こします。ねずみの排泄物に含まれる病原菌で、発熱や頭痛、倦怠感などを引き起こします。ワイル病については、致死率が高く、危険な病気で感染が疑われる際はすぐに病院に行く必要があります。人間だけでなく、犬や猫などのペットにも感染する可能性があるため、注意が必要です。

ハンタウイルス

ねずみの持っている病原菌で、ハンタウイルス肺症候群と呼ばれる症状を発症します。頭痛や発熱、悪寒などの風邪に似た症状が出ますが、重症化する恐れがあり、致死率も高い危険なものです。また、治療方法が確立されておらず、対処療法で治すしかありません。アメリカでの流行は確認されていますが、日本での流行はありません。人から人への感染はなく、ねずみから人への感染のみが流行経路のため、ねずみの駆除で流行が抑えられるという特徴があります。

わかりやすい!!
坪単価計算

ネズミ駆除業者3選

※東京都の一般家庭坪数(20坪)で計算

わかりやすい!!
坪単価計算