駆除業者に依頼して、ねずみ被害ゼロへ!

ねずみが媒介する病気

このページでは、鼠咬症の恐ろしい実態について調査しています。

鼠咬症の恐怖

家の中にねずみがいることに気付いた時は、すでに台所の食料が荒らされていたり、室内に糞をされるなどの被害が生じています。

ねずみには歯を削る習性があるため、家具や柱などに齧り跡が残っていることも…。電線を齧られた挙句、停電などが引き起こされるようでは、大変です。

しかし、それだけではありません。飢えに苦しむねずみは、夜眠っている人間の皮膚を齧るという暴挙に出ることがあります。特に狙われやすいのが、乳幼児。

海外では、赤ん坊が身体中を齧られた末に死亡するという、痛ましい事故も起きています。

しかし無防備な赤ちゃんだけでなく、大人も注意しなくてはなりません。ねずみに1ヶ所でも身体を齧られることで、アナフィラキシーショックが生じることがあるからです。

その症状は全身の腫れや呼吸困難などで、入院を要するほど。蜂に刺された時と同じ症状と言えば、その深刻度が伝わるでしょうか。

ねずみの保有する菌による悪影響

ねずみはゴミ捨て場や天井裏、湿気の多い沼地など、不衛生な環境を好む動物です。

このため、人体に悪影響を及ぼす菌を保有していたり、ダニに寄生されたりしています。

自分の意志とは関係なくねずみとの共生を強いられる結果として、またねずみに噛まれた傷口からの感染など、さまざまなかたちで菌やダニの悪影響を受けると、重篤な病に侵される可能性があります。以下にその一例を見ていきましょう。

  • サルモネラ菌…ねずみの体や糞に大量に含まれ、食中毒やチフスの原因ともなる。触れるだけで感染する。
  • ハンタウィルス…ドブネズミなどの糞の中に存在している。腎症候性出血熱(HFRS)・ハンタウイルス肺症候群(HPS)という治療困難な病気を引き起こす。
  • ペスト…黒死病の異名を持ち、過去にヨーロッパで大量の犠牲者を出した伝染病。その元凶は、ねずみに寄生するノミだった。

上記以外にも、恐ろしい病気の危険を運びながら移動しているのが、ねずみです。家屋内に生息していることに気付いたら、鼠咬症による取り返しのつかない事態を招かないためにも、一刻も早く駆除に努める必要があります。

その作業は困難を極めますので、専門の駆除業者に依頼するのがおすすめですよ。

オススメねずみ駆除業者リスト
pagetop
撃退!ねずみ駆除完全マニュアル
【免責事項】このサイトは2017年3月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。