駆除業者に依頼して、ねずみ被害ゼロへ!

停電など家への被害

このページでは、ねずみによる停電被害の実態を紹介します。

突然の停電はねずみの仕業だった!

家屋の中にねずみが侵入すると、さまざまな被害が生じます。悪影響が顕著に表れるのは、台所。常温で管理している果物や野菜が齧られていたり、パンやお菓子、米などのビニール袋が噛みちぎられ、中身を食い荒らされていたりします。

それだけではありません。柱や家具、そして屋根裏に走っている電線までも齧ったりするのです。ねずみは雑食のため、何でも食べますが、さすがにこれらの資材は食べるために齧っているわけではありません。歯を削るために齧っているのです。

ねずみの歯には、人間の髪のように「一生伸び続ける」という特徴があります。このため、固いものを見つけると歯を充て、齧りながら削っていく習性があります。これは本能的な行動のため、抑制することができません。

またいくら頭の良いねずみでも、電線に電気が走っていることまでは理解していません。このため、ガリガリと齧っているうちについには電線が切れてしまう、またその瞬間に自分が感電死することまでは予測できないのです。

実際、停電事故のおよそ20%は小動物の接触が原因であり、そのうちの60%はねずみが引き起こしているというデータもあるほどです。

福島原発でもねずみによる停電被害が!

東日本大震災の影響が色濃く表れた悲劇の地として、広く知られている福島。その原発の仮設設備の中でも、ねずみによる停電被害は生じています。

2013年3月18日の19時ごろ、高温を発する使用済み燃料プールや、セシウム吸着装置「キュリオン」など9つの設備がほぼ同時に停止しました。東京電力が原因を究明したところ、仮設電源盤下の床に、体長15cmのねずみの黒こげになった死骸が見つかったのです。この結果を受け、東電は「今回の事故はねずみの接触によるもの」と発表しました。

また海外でも、猫に追われたねずみが発電所の高圧電線に触れた影響で、停電が発生したという事例があります。もちろん、2匹とも感電死。

その影響で発電所が3日間も機能停止してしまったというのだから、笑えません。

たかがねずみと、侮るなかれ。食料品が荒らされる程度ならまだ何とか対処できるかもしれませんが、インフラにまで悪影響を与えるとあっては、家主の生活にとって、大きな脅威となります。専門業者に依頼し、一刻も早い駆除対策を講じて下さい。

オススメねずみ駆除業者リスト
pagetop
撃退!ねずみ駆除完全マニュアル
【免責事項】このサイトは2017年3月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。