駆除業者に依頼して、ねずみ被害ゼロへ!

クマネズミ

このページでは、クマネズミの特徴や駆除法をリサーチしています。

クマネズミの特徴や駆除法

「もし我が家にネズミが棲みついたら…!」、想像するだけでも恐怖ですね。しかしネズミは日本全国に生息しているため、都会に住んでいたとしても、被害を避けられない時があるので、注意が必要です。

国内に生息するネズミは約30種と言われていますが、中でも人間の家を好むのは3種に絞られます。そのうちの一種が、本ページで紹介するクマネズミです。

クマネズミの特徴

  • 体長20cm前後で、尾が長く耳が大きい。色は褐色か灰褐色。
  • 日本全国に生息している。
  • 平均寿命は約3年。生後数週間で繁殖能力を発揮し、年5~6回、1回10数匹の子供を産む。
  • 警戒心が強く、学習能力が高いため、あまりに罠にかからない。
  • 縄張り意識が強いため、マーキングを行うため、家に悪臭が発生する。
  • 運動能力が高く、垂直移動も可能。2階建て以上の一戸建てやビル内にも容易に侵入する。
  • 雑食だが、どちらかというと植物性の餌を好む。
  • ゴミ置き場や天井裏など、不衛生な場所を好むため、雑菌や病原菌を運ぶ可能性が高い。

いかがでしょうか?あなたの住居が、一度クマネズミの棲み家に定められてしまうと、非常に厄介であることがわかりますね。また近年は、殺鼠剤の効かないスーパーラットまで登場しているというのだから、恐ろしい限りです。

クマネズミに有効な駆除法とは?

個人でネズミ駆除を行うとして、ホームセンターなどにその道具を買いに出かけると、さまざまな種類のネズミ駆除グッズがあることに気付くと思います。

しかし「クマネズミだけに、特別効く」という駆除剤が販売されているわけではありません。また上記のように、クマネズミは警戒心や学習能力が高いため、粘着シートやねずみ捕りなどで捕獲するのは、困難を極めます。

また忌避剤や超音波などの方法にも慣れてしまう可能性が高いため、根絶は困難を極めます。

撃退方法として最も有効とされるのは「侵入経路を把握して、塞ぐ」こと。しかし家屋内部にねずみが残ってしまうというケースが考えられるため、殺鼠剤を置く、台所に食物を残さないようにする、など根気のいる対策も必要となってきます。

長期戦になると、クマネズミの持つ雑菌が家屋内で繁殖するなどの不安もあり、精神的に疲弊してしまいそう。

早急な問題解決を希望するなら、やはりプロのネズミ駆除業者に依頼するのがベストと言えそうです。

オススメねずみ駆除業者リスト
pagetop
撃退!ねずみ駆除完全マニュアル
【免責事項】このサイトは2017年3月の情報を元に個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。