撃退!ねずみ駆除完全マニュアル

駆除業者に依頼して、ねずみ被害ゼロへ!

撃退!ねずみ駆除完全マニュアル » ねずみの駆除方法を検証 » 粘着シート

粘着シート

このページでは、ねずみ捕り粘着シートの特徴や効果を調査しています。

ねずみ捕り粘着シートの特徴や効果

ねずみ捕り粘着シートの原理は、非常に簡単。ねずみが一度足を着けたが最後、強力な粘着トラップが絡みついて、動けなくしてしまいます。 ゴキブリホイホイと同様の働きをしてくれると考えて、間違いないでしょう。 設置場所はねずみの通り道となる台所周辺の床や、天井裏など。ねずみは部屋の隅から隅へと移動する習性があるので、該当する場所を選ぶようにして下さい。 また、ねずみがこのトラップに引っかかりやすいのは、人間が寝静まった夜の時間帯が多くなっています。 最低でも10枚は購入して設置し、吉報を待ちましょう。 

粘着シートのメリット

粘着シートのメリットは、ホームセンターなどで気軽に購入できること。

自力でのねずみ駆除を考えている人向けグッズとしては、主流の商品と呼べそうです。また、プロの駆除業者も捕獲対策の一環として使用していますので、一定の効果は見込めるのだと思います。 いったんねずみが罠にかかったら、処理するのも簡単!シートを閉じ、生ゴミとして捨てれば良いだけなので、手間がかかりません。

粘着シートのデメリット

粘着シートには、多くのデメリットもあります。

まず第一に、家ねずみの代表的な存在であるクマネズミは知能が高く、警戒心が強いので、なかなか罠にかかってくれません。シートを大量購入し一気に台所の床などに設置すると、環境の変化を敏感に察知して、シートを回避してしまいます。

このためはじめは粘着性を有効にしない状態で設置し、ねずみの警戒心を解いたうえで本来の役割を発揮させるなどの工夫が必要です。

また粘着シートをうっかり踏んでしまったり、上に物を落としてしまったりすると、引き剥がすのがかなり大変。家の中で飼っている猫や犬がベタベタになってしまうというケースはよくあるようですし、自然の多い地方では、家屋の外部に置いたシートに、イタチや鳥などが誤って罠にかかってしまうこともあるようです。使い方には、充分注意しなければなりません。

自力でのねずみ駆除には想像以上の労力がかかります。長期化させて被害を大きくするよりも、プロの駆除業者に任せてみるのもオススメです。

自力?or業者?駆除方法の
メリット・デメリットを解説!

わかりやすい!!
坪単価計算

ネズミ駆除業者3選

※東京都の一般家庭坪数(20坪)で計算

わかりやすい!!
坪単価計算